無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
タイフェスティバル
0
     今日天王寺公園でやっているタイフェスティバルに
    行って来た。

     なぜ、タイなのかというと、最近タイ映画
    「風の前奏曲」という作品を見たからだ。

     これは戦争前に実在したある天才伝統音楽家の一生を
    描いた映画なんだけど、その伝統楽器の奏でる音色、旋律の
    美しいこと。あまりの美しさに涙があふれて仕方が無かった。
     そして、美しさだけでなく、リズムの複雑さにも
    とても興味を引かれた。また、そこに描かれている
    タイの人たちのやさしさ、まじめさといったものに
    とても魅力を感じた。

     実は、25年程前にタイに行ったとき、あまり良い思い出が
    なかったので、ずっとタイは興味の無い国だった。

     だけど、この映画のおかげでその認識が変わった。

    ちょうど天王寺公園でタイフェスがあり、その中で
    タイ古典音楽を体験するコーナーも有ると言うことなので
    行ってきた次第だ。

     とても天気のいい暑い日で、こう言ったフェスには
    おあつらえ向きだ。食べ物屋のブースが一番多く、
    とても良い匂いをまき散らしていた。

     お目当ての古典音楽のグループの演奏が始まった。
    木や竹を使った楽器がメインで、それに太鼓や
    弦楽器もある。

     すごく乾いたコロコロとかわいらしい音色を発して
    とても、体に心地いい。(僕はいつも体で聞くように
    してます。あたかもお灸のように、皮膚表面に
    届いた音がその振幅でもって、遠赤外線のように
    体の芯に届くかどうかで僕自身の音の善し悪しを判断
    してます)

     この弦楽器は床において琴のように
    爪で弾いて演奏するんだけど、ドブロギターに
    よく似た音でとても興味深かった。
     

     残念ながら、あまりの暑さと演奏技術がまだまだ
    だった為、(床置き弦楽器タイ人の先生が演奏するので
    すばらしかった)芯までは届かなかったけど、とても
    楽しい思いをさせてもらった。

     お目当ての、タイ古典音楽の基礎になるコンウォイ
    ヤイって楽器は無かったのが残念だけど、メインステージでの
    タイ舞踊やムエタイなどのイベントも有り、なにより
    タイの人たちのまじめさにふれられたのが良かった。

     明日日曜日もやってます。良ければ皆さん行ってみてください。
    あ、それから「風の前奏曲」も是非見てね。
     
    | mambomachine | - | comments(1) | trackbacks(1) | - |
    Comment
    2009/09/26 8:54 AM posted by: あどぅん
    あどぅんと申します。リンクさせました。よろしくお願いします。
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.mambomachine.com/trackback/711300
    2009/09/25 5:29 PM posted by: あどぅん
    あどぅんは作曲演奏家、役者、ラジオパーソナリティ。 エフエム多摩(77.6MHz)毎週土曜日10:00。「あどぅんの大発見!民族音楽」。 ホームページ...