無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
久々の投稿
0

     前回投稿してから2年経ってしまった。

    なんか色々思うようになったので、またぼちぼち書いて行きたいと思う。

     

     で、ちょっと前にある人が「上手くなってどうするの?うまくなったら踊る人いなくなるよ」って言われたって聞いた。

    確かにサルサの踊りが上手くなったからといって、何かにプラスになるってことはないかもしれない。

     

     でも、上手くなるってことは楽しいだけではない喜びを得ることができるんだよね。ダンスって楽しみの部分が多いから、多くの人は適当に楽しめればいいやってなるんだけど、なんでもそうだけど高みに行けば行くほど、見える景色が違ってくる。感覚が変わってくる。人間本来的に向上心というものがあるので、本能的に上手くなりたいって思ってるんだけど、なんだかんだ例えば忙しいとか、別に一生懸命やりたくないとか理由をつけて、本能を黙殺してることが多い。

     

     あと、上手くなるってことは、美しくなるってこと。料理がおいしいことを美味しいと書くよね。うまい(上手い、美味い)=美しいなんですよ。美しくなるには努力が必要。ほっといたら物事は汚くなる。掃除と一緒で、掃除しなけりゃどんどん汚くなる。料理も努力しなければ、美味しい料理は作れない。顔を綺麗にお化粧したり、美味しい料理を作る努力をするように踊りも上手く美しくなる努力をしてほしいなと思う。美しいというと女性のことのようだけど、男性も美しくあるべきだと思っている。男性の美しさとは、もちろん身ぎれいににするということもそうだけど、かっこいいってことが男の踊りの美しさ。女性は綺麗ってことに気を配れるけど、男ももっと気を配ってほしいな。踊りで気を配れるようになれば、もちろん普段の生活でも気を配れるようになるしね。

     

     サルサを通して、世の中がもっと美しくなってほしいと切に願うわ。

    | mambomachine | サルサ・ダンス | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.mambomachine.com/trackback/1203486