無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
El Cantante
0
    先週エクトルラボーの伝記映画「El Cantante」を
    観てきました。

     ぼくとしては、ラボーの伝記そのものより、
    そこで演奏されている曲のクオリティーの高さや
    NYやプエルトリコの雰囲気風景といったものに
    とても感動してしまって、何回も涙が出てしまった
    映画でした。よくある映画俳優がミュージシャンの
    役をやる(たとえばジェレミーフォックスがレイチャールズを
    フォレスト・ウィテカーがチャーリーパーカーを)といった
    類のものではなく、現役バリバリのサルサ歌手
    マークアンソニーがラボーをやり、そこに出てくる
    ミュージシャンも一流どころをそろえて、演奏シーンが
    とてもクオリティの高いものになっている。
     でも例えばジョニーパチェコ役にはそっくりさんを使う
    など、その当時の雰囲気を役者まで含めて忠実に
    再現しようとしているのが、映画にとてもリアリティを与えて
    います。実際にラボーがいた頃にはまだティーンエイジャー
    でラボーと共に活躍したイスマエルミランダが、
    ラボーの父親役ででたり、ロベルトロエナの踊りのそっくり
    さんを使ったり(顔は全然にてないし、ボンゴの演奏も
    してないから、とてもロエナだとわかりにくいけど)
    とにかく今までのサルサ映画とはまったく違う本物の
    サルサの映画です。サルサ創成期の一番サルサが熱かった
    頃を再現している映画なので、本物のサルサをまだ知らない方
    には是非観てもらいたい映画です。

     大阪では、29日まで九条にあるシネヌーボーで
    やってます。是非是非皆さんに観てもらいたい映画です。
    もし、今回見逃しても2/10にDVD発売されるので、
    ご安心を。サルサにかかわる方は必見の映画です。

    | mambomachine | - | comments(1) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    2010/01/30 12:16 PM posted by: tokuchan
    私がEl Cantanteを観たのは去年のことですが・・・たまたまプエルトリコに行った後ということもあり、その風景や雰囲気が強く伝わってきました。
    あれは絶対観て欲しい映画です。
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.mambomachine.com/trackback/1141417