無料ブログ作成サービス JUGEM
「できる」と「できない」
0
     先日クラスに新しい人が入ってきた。その方は、「わからない」「できない」を事あるごとに声に出して言う人だ。初めてやることなのだからわからなくて当たり前。できなくて当たり前。でも、何も難しいことをやっているわけではなく、単に歩くだけのこと。

     実は、この「歩く」ことがわからない(意識をして歩いていない)人は結構居る。歩くことを意識して歩くことと踊ることが同じことだという感覚がつかめれば、初歩の段階で踊りを楽しむことは割と簡単にできる。それに気づかせてあげるのが僕の仕事。「できない」と「思っていた」事が「できる」ようになる。そしたら、どんどん楽しくなってくる。そして、もっと「できる」ようになろうって、導いていくのも僕の仕事。

     ところが、声に出して「わからない」「できない」を言う人は、「わからない」「できない」事を主張している。主張するってことは、最初から受け入れないことを宣言しているので自分で「できる」ようになることを拒否しているのね。つまり、人の好意も愛も受け入れない、受け入れたくないって言って不満と文句を言ってるんです。なぜそう言ってしまうのか、原因は何か、変えていくにはどうして行くかってのはスピリチュアルカウンセリングの領域なんだけど、一つ言えるのは「できない」「わからない」を主張する人は「私は、人を幸せにはしません」って宣言してるってことです。人を幸せにはしないって宣言するってことは、自分は絶対に幸せにはならないってことを宣言しているんです。だって、人を幸せにしようと思ってない人が幸せにならないもの。もしすぐに「わからない」「できない」を言ってしまう人が居たら、このことをしっかり認識して言わないように変えていった方が良いです。「自分は今幸せじゃないから、人を幸せになんか出来るか」って思ってる人は大間違いです。まず、「自分は幸せじゃない」って思ってることが間違いその1。「人を幸せになんか出来るか」ってのが間違いその2。自分の状況がどうであれ、笑顔一つで人を幸せにすることはできます。自分の状況に深く感謝の念があれば幸せでないことはありえないです。

     「できる」という言葉(言霊)は人も自分も幸せにする。「できない」という言葉(言霊)は、人も自分も幸せにしない。人を幸せにしたいのかそうでないのか、自分の選択です。どちらを選ぶか。幸せになりたいのか、そうでないことを望み続けたいのかの選択です。今「できなく」ても、やり続ければいずれ「できる」様になります。「できる」ようになりたいのか、「できない」ことを証明したいのか、の選択です。「できない」のは、「できない」と思っているのは、自分の問題で誰のせいでもありません。僕も日々このことに気をつけるようにしています。今できないということは、できるようになる可能性が無限にあるってことです。「できない」ことにフォーカスするのではなく、「できる」ようになることにフォーカスする。

     僕のスタジオでは、「できない」が「できる」ようになる喜びを得て欲しいと願っています。喜びは幸せです。なので、「できない」は禁句です。だって、絶対に踊れるようになるから。サルサは、歩ければ誰でも踊れます(歩けなくても踊れる人も居るかもしれません)。そのことを信じるかどうかも選択です。




     
    | mambomachine | サルサ・スピリチュアル | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    体の感覚
    0
        昨日、 生徒さんと話してたことをお伝えしたいんだけど、僕のレッスンはサルサって言う踊りが上手くなって楽しめるように、その為のテクニックを伝えてるんだけど、その為には自分の体の感覚を鍛えるって言うか、感覚を呼び覚ますことがとても重要で、このことは普段の生活でもとても重要なことなんですね。勿論それがわからなくても生きていけるし、絶対必要かって言ったらそんなことも無いんだけど、わからないよりはわかったほうがいい。自分の体の感覚を無視し続けていると、年取った時にいつか不調が現れる時が来てしまいます。

       始めた頃は、みんなにサルサが上手くなって楽しんで欲しいって思いだけだったけど、今は勿論それは有るけど、より体の感覚と意識や体についてより知ってほしい感じて欲しいっていう思いのほうが強いかもしれません。っていうか、その感覚を得てもらう為にレッスンしてる部分も多いです。サルサってボディコミュニケーションだから、体感覚はすごく重要で、常に自分の体がどう動いてるかってことの感覚がわかるようになると自然とサルサも上手くなっていくし、普段の生活での体の不調も軽減されていきます。サルサは生活ととてもリンクしていますから。

       自分の体の伸びる感覚、伸ばす感覚、動かなかったところを動かしていく感覚、関係性の中でのバランスや筋肉の動きなど、レッスンすればするほどわかってくるようになります。体感覚はなんでもそうだけど、動かさないとわかってこないからね。でも、こうしないといけないって言うルールはないです。だからこそ、自由ではあるんだけど、こうした方がいいよっていう道は存在するわけで、レッスンではそこのところを伝えるようにしてるんだけど、肩肘張ってがんばらなくても、気軽にレッスンしてれば自然とできるようになってきます。この気軽にってのがキーで、だいたいみんながんばっちゃおうとするんだけど、がんばると緊張してしまうから感覚を得にくくなるので、緩むことが大切です。気持ちと体を緩ませてると、楽に出来るようになってきますよ。今まで、自分が思いもしなかったからだの動きができるようになってくると、目茶楽しいしね。

       事実来てくれている生徒さん達で、姿勢が綺麗になっていってる人は沢山いるし、全然踊りなんかやったことの無い人でも結構踊れるようにもなってきてますから。是非たくさんの人に体験してもらって、体感覚を得ていただきたいですね。


      | mambomachine | サルサ・スピリチュアル | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      結婚
      0
          ちょっと前にもうちょっとしたら結婚するって子と話してたんだけど、僕が思うに、結婚てこの人と結婚したら幸せになれそうとか、ここが好きだからとか、いろんな理由で結婚する人が沢山いると思うけど、なにか理由があって結婚するってのは、その理由がなくなるとだめになっちゃうと思うのね。恋愛は好き嫌いでいいけど、結婚て何があってもこの人と必ず幸せになるっていう覚悟なんですよ。覚悟があれば、多少のことがあっても動じないです。後はどれだけ許していけるか。それから、幸せになる秘訣は、外で自分の伴侶の悪口を絶対言わない。よく世間で、旦那や奥さんの悪口言う人がいるけど、あれは、自分の伴侶の価値を下げてなおかつそれを選んだ自分の価値を下げることになるから、価値を下げると幸せになりにくくなります。だから、ほんとにそれだけはやめた方がいいです。

         今結婚してる人も、これからする人も、一緒に居たいって思ってくれる人がいるってことがほんとにありがたいことだって言うことに気が付いて欲しい。長くいるとそれが当たり前になってくるけど、絶対に当たり前ではないです。スピリチュアル的に言うと、いろんなカルマがあって結婚する人のほうが多いんだけど、結婚できる相手にめぐり合えたってことに(カルマがどうであれ)やっぱりすごく感謝したほうがいいです。あ、これは別に一生添い遂げないといけないって言ってるんではないですよ。発展的な解消も勿論ありますし、それこそ運命の人が出てくるかもしれないです。でも、一緒に居る間はほんとにその人のことを大切にしてあげるといいなと思います。

         知り合いでも、旦那さんや奥さんにチューもハグもしないって言う人がいるけど、僕からしたら考えられないですね。この間も書いたけど、男と女が一緒になって1+1=10くらいになれるように、お互いに励ましあえるような関係であったら、すばらしいですよね。

         自分が結婚してた時は、気づかなかったけど、今から考えるとほんとに幸せだったんですよね。機会があるなら、もう一回したいですね。結婚てほんとに良いもんです。結婚に対して否定的なことを思っている人たちは、是非結婚してみることをお勧めしますよ(^_^)

         これ書いてたら結婚したくなってきた(>_<)





        | mambomachine | サルサ・スピリチュアル | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        許し
        0
            先日カップルの方が、初めて体験レッスンに来られてクラスを受けられたのだけど、そういう時は一人ひとり別々にレッスンしています。まず、一人ひとりが感覚的にリードするとはどういうことか、フォローするとはどういうことかを少しつかんでもらう為です。その後、カップルで練習していただくのですが、往々にしてカップルの場合、踊れないのをお互いのせいにしてしまうことが良くあります。(このカップルはそうではありませんでしたが)女性の場合だと、僕となら上手く踊れるのに、あなたは上手く躍らせてくれない、とか男性の場合ならこういうリードしたら君はこう動くべきだろ!とかヘタすると喧嘩始める人もいます。僕と踊って上手くいくのは当たり前で、お互いが踊ると上手く踊れない(踊らせられない)のも当たり前です。

           サルサに必要なのは、そういう時に相手を許すことがとても重要なんです。まだ、習いはじめなんだから上手くフォローやリードが出来なくて当たり前。そのうち一緒に上手くなっていこうねって気持ちがとても大切なんですね。クラスにおいても、踊れる人はまだ踊れない人を導いていってあげようって気持ちが必要だし、踊れない人は謙虚に素直に踊れるようにがんばっていこうってすればいいんです。上手くリードしないあるいは上手くフォローしない相手を責めるのではなく許していくことをやっていくと、自分もいろんな発見があって勉強になります。責めていると相手のせいにしてしまってるから、気付きがないんですね。特にカップルの場合は、一番身近な人だけに相手を責めてしまいがちなので、許していくいい練習になります。

           知らないことを知る為に、出来ないことをできるようになる為にレッスンするわけです。今出来ないってことは、できるようになる可能性が無限にあるってことなので、サルサに限らず何事もあきらめず、出来るまでがんばれば必ず掴む物があります。特にサルサダンスは人生と深くリンクしているので、上手くなればなるほど、また深くなればなるほど、豊かになる可能性があります。

           まずは、いろんなことを許すことから始めるといいかもしれません。


          | mambomachine | サルサ・スピリチュアル | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          今日のレッスン
          0
              今日はレッスン前にジーユーでデザートブーツが安くでていたので
            買いに行きました。1990円。それだけ買って帰るつもりが、
            安さにひかれてシャツとズボンも買ってしまった。要らぬ出費です。
            どうも、安いもの見たら買ってしまう悪い癖です。で、その後、
            ユニクロ行って、先日なくした手袋の新しいのを買いに行ったら、
            違う種類を買ったつもりが同じデザインの色違いを2つ買ってしまった。
            なんか、ボケているこのごろです。

             今日のアドバンスレッスンは、女性だけだったので、パチャンガの
            基礎レッスンと、ターンの基礎とターン時の体の使い方をレッスンしました。
            体のすべての動きを一つの動きに集約させることによって、とても
            効率的な美しい動きが出来るのですが、それにはかなりの練習を
            必要とします。

             ターンに限らず、体にとって楽なポジションを取るには、
            今自分が楽と思っている姿勢やポジションが実は違っている
            ということを認識しないといけなくて、特に違ったポジションや
            姿勢が楽と思ってきた人にとっては、最初のうちかなりつらい
            姿勢になりますが、これはほんとにちゃんとやらないと、
            なかなか身につきません。僕はよく体の痛いところを
            押してあげるのですが、押した時はかなり痛がっていたところも
            姿勢を矯正してあげると、痛みがだいぶ和らぎます。
            そうやって、みんなに楽な姿勢がどんなものかわかってほしいな
            と思います。

             サルサはまったく生活と密着しているので、
            レッスンでやった基本的なことを生活に応用すると
            かなり楽なことが色々起こってくると思います。



            | mambomachine | サルサ・スピリチュアル | comments(0) | trackbacks(0) | - |